注文住宅にかかる不動産取得税

注文住宅にかかる不動産取得税

注文住宅にかかる不動産取得税 注文住宅には不動産取得税がかかります。
不動産取得税は、地方税で不動産を取得した時のみ納める税金で、固定資産評価基準によって定められた土地や建物の価格に税率をかけた金額を納税します。
納める納税額の計算方法は、固定資産税評価額×4%で、納付するのは地方税なので税務署ではなく県税事務所になります。
課税される時期は、住んでいる地域によって異なる場合がありますが、不動産登記から約半年から1年までの間に納付書が各都道府県から送付されます。
注文住宅は軽減措置が適用されるのですが、建物の納税よりも土地の納税通知書が先にくるため注意が必要です。
納税通知書の納税額が高額になっていますが、まずは県税事務所に連絡することが大切です。
県税事務所に連絡すると軽減措置が適用できるまで待ってくれるため、通知書がきた場合は県税事務所に連絡しましょう。
軽減措置を受けるためには、床面積50平米以上240平米以下、取得者の居住用住宅である、土地を取得してから3年以内に建物を新築という条件を満たす必要がありますが、一般的な住宅であれば床面積50平米を超えることが殆どなので軽減措置の条件を満たす場合が多いです。
注文住宅を検討する場合には納税する不動産の税金も事前に考えておくと良いでしょう。

注文住宅の建築を発注する場合の施主の心構え

注文住宅の建築を発注する場合の施主の心構え 家族全員が幸せに暮らせる建築プランを考えることが、注文住宅を新築する場合の基本です。
そのためには施主がリーダーシップを取り、家族の意見をまとめて方針を決定することが重要です。
施主が家づくりのコンセプトを明確にすると、ハウスメーカーとの打ち合わせもスムーズに進められます。
一方で注文住宅を建てる場合には、技術力とサポート体制を基準にして良い会社を選ぶ必要があります。
ウェブサイトを訪問したり一括パンフレット請求サービスを利用すると、施工会社の選定作業も円滑に進めることが可能です。
けれども建物の間取りや外観を具体化するためには、実物を見ることも大切です。
最寄りの住宅展示場を訪れて建物内部を見学すると、初めてでもマイホームへのイメージが具体化できます。
更にマイホームの購入は人生の中でも特に大きなイベントであり、慎重に資金計画を立てるべきです。
ローンの返済のシミュレーションも行うと、収入に見合った建築プランを考えることができます。

新着情報

◎2020/10/28

注文住宅にかかる不動産取得税
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「住宅 取得税」
に関連するツイート
Twitter