注文住宅のお役立ち情報がいっぱい!

注文住宅と自由設計の違い

注文住宅と自由設計の違い マイホームを実現する方法は何通りもありますが、自分の好みやライフスタイルを完全に満足させるような家が欲しい、ということになればその願いをかなえてくれるのは注文住宅です。
注文住宅とは、その名の通り施主自らの注文に基づいて建てる家のことで、オーダーメードの住宅づくりということになります。
間取りや広さはもちろん、設備や資材選びに至るまで、希望通りにすることができます。
もちろん予算や構造上の問題などの制約はありますが、最も理想に近い家づくりであると言うことができます。
ところで、施主の好みを反映させる家づくりの手法としてはもう1つ、自由設計と呼ばれるものがあります。
これは大手のハウスメーカーなどが提供している商品で、基本的な仕様はメーカーが指定した通りに建てるが、間取りの変更はある程度まで可能という住宅建築の手法です。
注文住宅はフルオーダーであるのに対してセミオーダータイプとでも言うべきもので、注文住宅ほどの自由度はない代わり、建築費用が総じて割安であるという特徴があります。

物件やエリアにこだわる人には注文住宅がおすすめ

物件やエリアにこだわる人には注文住宅がおすすめ マイホームを購入したくてエリアや物件探しをしている人の中には、自分や家族のこだわりやポリシーゆえになかなか納得いく住宅を見つけられない人もいることでしょう。
そのような方におすすめなのが注文住宅です。
注文住宅のメリットは、様々なこだわりを実現させられる点にあります。
たとえば注文住宅の場合は、建築材料を建売住宅よりも良いものにできます。
また、耐震強度や断熱性など重視したい点にフォーカスして納得いく住宅を建てることが可能です。
注文住宅は自由に設計・建設できるのが良い点ですが、種類によってメリット・デメリットがあるため、注意が必要です。
フルオーダー住宅は建物のパーツすべてを依頼者が選ぶことができますが、そのためには建築の知識とともに資金が必要となり、手間もかかります。
一方、セミオーダー住宅は基本的な仕様があらかじめ決められていて、依頼者は設備のグレードや色合いなどを決めるのが一般的で、フルオーダーよりも決定事項が少なく、資金も少なくて済みます。

新着情報

◎2020/10/28

注文住宅にかかる不動産取得税
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「住宅 自由設計」
に関連するツイート
Twitter